降伏条件に従ってみる。

『顔を上げてください。過去を蒸し返しても何にもならない。それより、今現に核を振り回して周辺国を恫喝している国に対処していきましょう。私達のような被害者を出さないために』『「天皇の…権限は連合国最高司令官に従属する」とした八月十一日のいわゆる「バーンズ回答」』(『「原爆投下のおかげで日本人もアメリカ人も救われた」と言われたら』今も同じことがされている。 東海村放射線中性子被曝事故では、臨床実験体(被曝した時点で死が確定していた、治療ではなく終末医療が必要だった。)戦争の影響は計り知れないなぁ~[昭和三十年七月一九日 「日本政府はサンフランシスコ講和条約十一条に基づき,関係十一カ国の同意を得て,所謂「A級戦犯」を昭和三十一年に,「BC級戦犯」を昭和三十三年に,赦免し釈放した「続・大東亜戦争」「大統領トルーマンと国務長官バーンズの二人は,戦争を早く終わらせるために原爆を投下したのではない.その二人は原爆を投下するまで,故意に戦争を終わらせなかったのである」(「日本は,自ら調印した降伏条件に従って」

オリジナルケフィア